お祭りの中の「新規ご登録キャンペーン」で、6月12日(水)現在、もう既に10万円が目前の方や、3万円のお祝い金は突破済み皆様方をはじめ、続々とお申し込み頂いております!

そして今回は、前回の旅行券の時以上に、メンバーの皆様のお話として「最初からキャンペーン達成を目指して動かれる方々」が増えていらっしゃるということ、また新規にご登録頂きましたばかりのメンバー様と一緒にスクラムを組み目標を追いかけるスポンサー様や上位のメンバー様がいらっしゃるなど、「共に」を行動で示すその後ろ姿がとても印象的です。

是非メンバーの皆様には、この『ユニヴェール祭り』でのキャンペーンも御活用頂きたく思っております。 『ユニヴェール祭り』は、8月末日まで開催です。

ユニヴェールの設立から、今年9月で丸4年を迎えます。

そして同じように、現在の事業本部として、いいえ、公の自分自身と言う表現が適切かと思いますが、6月13日で着任から2年という節目を迎えることとなります。
そんな理由もあってか自分自身とのコミットメントとして、何としても5月のうちにはリニューアルしたかった部分でもあります。

DSC_0262

そんなこだわりなど、未来と向き合うにあたり「日頃、大切に思うこと」を記したいと思います。

まずその一つ目は、人生のすべてがレバレッジ(てこ)であると言うことです。
そして日々すべてにおいて、「俺が俺が…」では、まるで上手くいかないということです。
必ずどなたかが、自分自身にとって、てこの原理のごとくの関係にあるということから、常に win-win のバランスや関係性が重要に思います。 私自身が今この場にいるのも、まさにレバレッジです。 どなたかをご紹介頂いたならば、グループのお仲間として、常にレバレッジの感覚が不可欠に思います。

次に、自ら一歩を踏み出すことがなければ変わらないということです。
変化する周りに便乗してみますと、あたかも自分自身が変ったかのような錯覚に陥ります。
結果、このことがきっかけとなれば良いのですが、単なる喉元過ぎればの現象では、なんとも失われた○○のような滑稽さを感じます。 協調性を保ちながら、自らの意志で一歩前に出る・・・そこで初めて、未来への意識と景色(その場から見えるものや感じ取れるもの)が変わっていくものと信じています。

最後は、どんな方にでも未来は創れると言うことです。
今回リニューアルのホームページは特に事業性を意識しました。表現しました。
ユニヴェールは事業素材であって、事業として成立しますことを、特にアピールしています。
そして「会社案内」ページのユニヴェール事業の指針では、ユニヴェール事業における成功者を導き続けるとも謳っています。 「治る・効く」「儲かる」とかの売るための妙な口実の世界ではなく、皆様の信用を介しての流通事業として、事業収益の発生の仕組みそのものと、常に正しく向き合っていたいと考えます。

5年後までに プラス100人!
宝くじの高額当選者のような限られた1人ではなく、事業として、ひと月の事業収益が30万円を超える方々を更に100人導きたく、進めて参ります。

12 / 12« 先頭...89101112